このページは、2014年10月に掲載をしましたが、
2015年3月末に、一度削除していました。
内容を一部変更して、再度掲載をしています。

2014年10月14日 (2015年7月再掲載)

頑張っている仲間がいます。楽しんでいる仲間がいます。
アマチュア無線活性化のために・・・ 
HP管理人が思うこと
JARLは、アマチュア無線家の集まり。
JARLー地方本部ー府県支部ー登録クラブーJARL会員局ーアマチュア無線局となっていますが、
本来は、逆の見方をしなければと思います。

あくまで、アマチュア無線、SWLを楽しまれている方が、JARLの会員となり、
会費を払って府県支部、地方本部、JARLを支えているのです。

アマチュア無線局が一番身近に感じる組織は、府県支部ではないでしょうか?
各府県支部の活動を、登録クラブやJARL会員が支えているのです。

登録クラブの活動の衰退や、JARL会員の減少が続けば、府県支部の活動も成り立たなくなります。
府県支部と登録クラブがともに盛り上がり、JARL会員を増やすことをしなければ・・・・、

府県支部の活動のあり方を、少し見直す事も必要かなと感じます。

しかし、その会費は、会員に全て還元されるのではなく、
分比率に問題が有りますが、
JARL会員以外の、広くアマチュア無線の活動に使われているという、
少し大きな心を持って頂きたとい考えます。

JARLの勘違いを変えるにも、府県支部の盛り上がりが必要です。
府県支部の活動は
盛り上がっている府県支部も沢山あります。

しかし、疑問符の付く府県支部も沢山あります。
毎年、毎年、過去に行った数少ない同じ行事を、場所だけ変えて、今年も問題なく終えた。

限られた予算の中での活動ですが、今一度、本当にこれで良いのか?
JARL会員や、アマチュア無線家が参加できる催しや企画は、数が限られます。
この数少ない催しで、府県支部の評価をしてしまいます。

その行事で、体験した多くの府県支部では、目標や目的を持たれていませんでした。
行事の反省会や、何が足りなかったのか、来年はどうしよう・・・なんて,会議をされていますか?
目標や目的が無いのですから、「単に終了しました。」のような気がします。
府県支部の活動とホームページ
府県支部の活動予定や一部の活動報告は、
JARLホームページの「行事予定」や「Web版地方便り」(「地方便り」これはお上の見方かも)、
年4回の「JARL NEWS」、JARL会員に送られる「メールマガジン」、
CQ誌の「JARLのページ」などで、予定を告知しています。
そして、府県支部のホームページで公開をされています。
府県支部のホームページも、数年前に全ての府県支部が開設をされました。

この府県支部のホームページを、うまく活用されている所も多く有りますが、
とりあえずホームページを開設しなければと言う体で、
掲載をする目的や内容の考えが、しっかり出来ていない府県支部もあります。
ましてや、行事も無く、何ヶ月も更新がされないという状況も見られます。
これでは、アクセスもされず、逆に府県支部は何もしていないと、判断をされることになります。
ホームページを維持するのは大変なことなのです。

全ての方が、インターネット環境にあり,ホームページを閲覧できるとは思いませんが、
一考をしても良いかと、感じています。
登録クラブの復活
 登録クラブとして、府県支部を支えておられ、
クラブ員の減少で、対応に苦慮されておられると思います。
年齢も高齢化し、活動も縮小せざるをえません。
登録クラブとして、「何とか盛り返したい」と、考えられたことが有るかと思います。
でも、貴方のクラブの事が何も判りません。頑張っている事すら、残念ながら伝わってきません。

情報の発信が限られているように思います。
ホームページを開設されていても、数年更新の無いところもかなり有ります。

ホームページが、現状の全てを解決してくれるとは思いませんし、
昔、開設をしていたと言われるかも判りませんが、
ホームページや掲示板の再活用も、復活のきっかけの一つになりませんか?

「貴方がすれば」と言われます。
このような提案や能書きを書くと、必ず「そんなに言うのでしたら、貴方がやったら」と言われます。
ポジションは異なりますが、私の出来ることはすでにやっています。
今までの体験で、色々な府県支部を見てきた結果、
盛り上がっている府県支部の、良いところを提案しています。

コンサルタントではありませんが、やり方も伝える事が出来ます。

今の府県支部の役員各局は、やりたくはないかも判りませんが、
会員のため、貴重な時間を提供されています。
運用する時間かも判りません。半田ごてを握る時間かも判りません。
家庭での大切な時間かも判りません。
同じ趣味を楽しみながら、各局のために行動をされているのです。

もし、役員各局が色々な意見を取り入れ、より良い物にと考えられるなら、
それが一番です。


貴方の住んでいる所から、いくつの催しに参加が出来るか、
今一度、府県支部の行事予定を、見て見ませんか?
いかがですか?。これが,今の現状です。
でも、役員各局は、府県支部、登録クラブと運営に頑張っておられるのです。

参加できる数少ない催しで、納得もあまりしていなくても、まず参加をしてみましょう。
盛り上がって行かなければ、このままです。 
盛り上げましょうよ
そして、提案をして、各局のための企画や運営という、新しい楽しみを見つけませんか?

最後に、出来れば役員さんにも、他府県支部の催しに参加をお願いします。




戻る






HP管理人